クレジットカード

クレジットカードに興味があり、クレジットカードについて更に学びたいと考えている人や、何を知ればいいのか困っている方におすすめの知識を紹介します。

簡単・便利なクレジットカードのことを知っておこう

HOME

家賃をクレジット払いにするメリット

クレジットカード

公共料金のクレジット払いができる自治体が最近は増えていますが、近年では家賃もクレジットに対応してきています。
クレジットカードで家賃の引き落としが可能かは、まだ全てではありませんが、できるところは多くなってきているようです。
クレジットカードで家賃払いを行う利点には、どういったものがあるでしょう。
最近のクレジットカードには、多くの場合ポイント付与サービスがついています。
クレジットカードの利用金額の、一定割合のポイントが入ります。
溜まったポイントは景品や旅行券になったり、図書券などのサービスを使えるようになるというものです。
こまめにクレジットカードを使うという方法でもいいですが、月々必ず発生する支払い方法をクレジットカードにしておくと、それだけでポイントが入ります。
毎月の支払いをクレジットカードに設定しておけば、自動引き落としがある度にポイントがふえていきます。
クレジットカード払いにしていなくても、公共料金は発生しますし、支払う必要があります。
ポイントのためにカードを使っているわけではありません。
ふと気がつくとポイントが溜まっているのも嬉しいところです。
月々の支出の中で、公共料金よりも家賃の占める割合のほうが高いという人が多いため、クレジットのポイントは入りやすくなります。
クレジットカードのポイントが溜まりやすくなり、家賃の支払いもより簡単になって、一石二鳥のシステムです。

家賃をクレジットカードで支払う時の注意点

クレジットカード

毎月確実にポイントが入ること、手間をかけずに支払いができることが、家賃をクレジットカードで支払うメリットです。
どんなことに気をつけてクレジットカードの家賃払いの手続きをすれば、円滑にいくでしょう。
気をつけたいことは、今の段階では、全ての家賃をクレジットカードで支払えるわけではないということです。
クレジットカードを利用する場合、店舗側はクレジットカード会社と提携を結びます。
提携店舗は、クレジットカード利用時に手数料を支払います。
どうすれば、クレジットカードを用いて家賃の支払いができるようになるでしょう。
手数料を払って、クレジットカードを利用できるようにしなければならないのが、提携会社のつらいところです。
現時点では、クレジットカードを使って家賃を払えない会社の方が多いようです。
しかし、クレジットカードで支払いができるものは、公共料金など、様々なものがあります。
家賃のクレジットカード払いも遠からず利便性が上がるのではないかと考えられています。
クレジットカード会社と提携しているところによっては、手数料を家賃に上乗せして請求をしてくるということもあります。
自社が発行しているクレジットカードでならば、家賃の支払いができるようになっているという会社もあるといいます。

家賃をクレジットカードで支払える会社

どこに済めば、家賃の支払いをクレジットカードで済ませることができるのでしょう。
決済を代行ハピーズと提携しているアパマンショップは、クレジットカード払いができるようになっています。
保証会社が間に入ることによって、大家が負担することになるクレジットカードの手数料を相殺しています。
積和不動産や大東建託も家賃のクレジットカード払いを可能にしている会社です。
クレジットカードでの支払金額は、家賃と手数料の合計金額です。
保証人がいない状況でも、クレジットカードで家賃を払い込むことにすることで、契約ができるところもあります。
クレジットカードで家賃を払えるようになっているかも含めて、新しい物件を探してみるといいかもしれません。
管理会社によっては、入居者がクレジットカードを所有しているなら、その人の信用力が高いと判断するということがあります。
今のところ、クレジットカードでの支払いができる物件はごく一部です。
もしも家賃をクレジットカード払いにしたいのであれば、アパート探しをする段階で家賃の支払い方法を確認する必要があるでしょう。
クレジットカードを使えるところは、大きい会社が中心のようです。
クレジットカードで家賃を払いたい場合、そう頼んでみると対応してもらえたりします。

ローソンのクレジットカード

最近一般的になってきているのが、コンビニでクレジットカードを活用することです。
クレジットカードに対応していないコンビニも工夫しています。
コンビニ系カードというクレジット機能付きの会員カードを発行しているところもあります。
ローソンは、コンビニ系カードであるローソンPontaを発行する一方で、一般のクレジットカードの利用も可能です。
ローソンで会計時にPontaカードを出すと、利用額100円につき1ポイントと、精算ごとに1ポイントのポイントが入ります。
買い物をローソンでする場合には、ローソンPontaカードをまず提示してポイントをもらいます。
加えてお金をクレジットカードで支払うことで、クレジットカード分のポイントがたまります。
おすすめの方法は、クレジット機能がついたビュー・スイカを使う方法です。
Suicaに対応しているコンビニなら、チャージ済みのSuicaで支払いをすることで1.5%の還元率が得られます。
ローソンのクレジットカードは他にも会員価格が表示されている商品が割引価格で購入できたりします。
キャッシングカードとして利用できるなどの特典があります。
マイルを稼ぐことができるので、コンビニだけではなく、JALのフライトやショッピングにクレジットカードを使ってみましょう。

セブンイレブンのクレジットカード

それぞれのコンビニでクレジットカードの利用が可能となってきています。
セブンイレブンは以前はクレジットカードでの支払いができませんでした。
セブンイレブン専用の電子マネーカードであるnanacoがカード決済手段として存在していました。
セブンイレブンにしか対応していないものです。
コンビニといえばセブンイレブンのみという人でなければポイントを効率的に貯めることが難しいと言われていました。
セブンイレブンでも2010年からアイワイカードとJCBカードで支払いが可能になったそうです。
加えて2010年から使えるようになったのが、国際ブランドのクレジットカードです。
支払金額が1万円以下であればサインの必要がありませんので、スピーディな支払いが可能です。
クレジットカード会社が付与するポイントについては、1ヶ月の合計金額に対してポイントがつくものにしておくと良いでしょう。
おにぎりやドリンクといったコンビニでの少額の買い物をクレジットカードで行っても少しずつポイントを貯めることが可能です。
公共料金の支払いや切手、葉書、年賀状、テレホンカードなどの金券に相当するものはコンビニではカードは使えません。
わずかなコンビニでの買い物でもクレジットカードで支払いができるのでとても便利になったといえるでしょう。

サイトメニュー

クマ

サイトメニュー


Copyright (c) 2018 簡単・便利なクレジットカードのことを知っておこう All rights reserved.