クレジットカード

このHPはクレジットカードの知識がたくさんあります。クレジットカードについて興味のある人に、うれしい知識を説明しています。

簡単・便利なクレジットカードのことを知っておこう

HOME

水道料金とクレジットカード

クレジットカード

クレジットカードで、水道料金、ガス料金などの公共料金の支払いが可能なな自治体が、最近は多くなってきているといいます。
毎月忘れずに支払いができますし、毎月コンビニや銀行まで払いに行く必要がなくなるでしょう。
手軽なサービスなので、たくさんの人が活用しています。
ポイント付きのクレジットカードなら、労せずポイントが入ります。
クレジットカードで公共料金の支払いをすることで、様々な利点が得られます。
東京都の場合は、大抵の自治体がクレジットカードでの水道料金の支払いが可能になっているなど、対応している自治体は多いようです。
水道料金の払い込みをどのような形で行うかは、クレジットカードの使い方一つとっても自治体によって差があるといいます。
口座振替か、納入通知書による振込のどちらかしか対応していないという自治体もあります。
最近は、自治体がクレジットカードに対応して、水道料金のカード払いが可能なところが増加しています。
お住まいの地域の自治体は、公共料金のクレジットカード払いに対応しているでしょうか。
インターネットで調べたり、役所に電話で問いあわせることによってわかります。
今はクレジットカード払いができなくても、今後できるようになる可能性もあります。
今は難しくても、今後はクレジットカードで水道料金の支払いが可能になる見込みは十分につきます。

水道料金のクレジットカード払いのメリット

クレジットカード

クレジットカードで水道料金を支払う利点はたくさんあるため、クレジットカード払いにする人は多くなっています。
支払いが簡単になり、払い忘れのリスクがなくなります。
クレジットカードを使うとポイントが入るサービスがついているカードなら、ポイントが毎月確実に貯まります。
水道料金を支払うとクレジットカードのポイントが入るという形は、家計のやりくりに気を使っている人には朗報です。
ガス代、電気代、年金など、クレジットカードで払えるものは水道料金にとどまりません。
どの公共料金がクレジットカードで払えるかは自治体によって異なりますが、様々な公共料金がカードで払えるというところもあります。
クレジットカードで支払いをする場合、支払い額が多いほどポイントがたくさん入ります。
現金で支払うより、クレジットカードで払った方が、たた水道料金を払うだけでなくポイントも入るというわけです。
ポイントをどう使うかは、クレジットカードごとに違いますが、ポイントを使って品物と交換したり、買い物をする時の商品券になったりします。
メリットが多いことから、クレジットカード払いが広まっているのも頷けます。
クレジットカードで水道料金の支払いをすることは、お金を集めなければいけない自治体の側にとっても利点があります。
集金に関わる必要な手続きをクレジットカード会社が代行してくれるため、人件費を削減できるのです。
今後も水道料金をクレジットカードにする自治体は増加するでしょう。

水道料金のクレジットカード払いと割引

水道料金をクレジットカード払いにできれば非常に簡単です。
一方、口座振替によって水道料金を支払えば、割引が可能な自治体も存在します。
クレジットカードを使って支払いをすることは利点がありますが、水道料金が割引できる口座振替も魅力的です。
お住まいの自治体で水道料金を支払う場合、クレジットカードと口座引き落としのどちらも可能な場合、クレジットカードの特典と、引き落としの割引を比較してみてください。
自治体のホームページを閲覧すれば、自分の自治体が水道料金の割引をしているかどうか、クレジットカードが使えるかもわかります。
東京都では、水道料金の支払いに口座振替を利用すると、毎月50円ずつの値引きがあります。
現時点で、月々の水道料金が平均していくらくらいなのか、そしてそれをクレジットカードで支払った時にどのくらいのポイントが入るかをチェックしてみるといいでしょう。
どのクレジットカードを使うか、月々幾らの水道料金を支払っているか、この2つがクレジットカードのポイントを決定します。
必要なら、クレジットカードを見直して新しいクレジットカードにしてもいいでしょう。
公共料金で支払えるものは全てクレジットカード払いにし、携帯電話の料金やインターネットの使用料もカード払いにすれば、クレジットカードのポイントはコンスタントに入ります。
クレジットカードで支払う頻度が多くなれば、ポイントも増えていきます。
新聞料金、電話料金など、毎月支払っている料金をクレジットカードにまとめれば、それだけポイントの貯まりは早くなります。
クレジットカードで支払えるものはカード払いにし、他の方法がお得だったり、カード払いに対応していないものは他の方法で支払うなどして、クレジットカードの特典サービスを上手に使っていきたいものです。

クレジットカードの審査と条件

クレジットカードは私達の生活を便利にしてくれており、大抵の人が所有するようになりました。
新規のクレジットカード発行時には、申し込みの後審査があり、審査でOKが出るとカードを発行してもらえます。
各クレジットカード会社ごとに申込み用の書類がありますので、そこに住所、氏名、年齢などを書いていきます。
名前や住所など基本的な情報のほか、審査時に使うため、職場の名前や、何年働いているのか、家族は何人いるかなども、申し込み用紙には書いていきます。
クレジットカード会社は、申し込み用紙に書かれている情報に加えて、信用情報会社から情報を照会した上で、クレジットカードを発行できる顧客かいなかを判断するという仕組みになります。
クレジットカードの審査は、申し込みをした人物がきちんと借りたお金を返済できるのかどうか、その能力を見ていくのです。
多額のローンを利用している人や、年収が非常に不安定な人は、使ったお金を返済できるかどうかわからないからという理由で、クレジットカードの発行を見送ることがあります。
年をとりすぎていたり、まだ成人していないなどの理由で、クレジットカードの申し込みをしても、受付で断られてしまうということもあります。
とはいえ、これらの条件に一つでも該当していると審査でOKがでないということではありません。
仕事をしておらず、収入はないけれども、クレジットカードを申し込んでカードをつくってもらえた人もいます。
クレジットカード会社はコールセンターがあるところが多いですから、不明点や、事前に確認したいことがあれば、問い合わせをするのもいいでしょう。
クレジットカードは無くてはならない程、生活に浸透しているものなので、少なくても1枚は持っておきたいものです。

クレジットカードの審査に通らない原因

新規のクレジットカード発行申し込みをしても、カード会社の審査をクリアできなかったため、カードの発行ができなかったという人がいます。
クレジットカードで決済をすると、まずカード会社が提携店舗に決済金額を支払い、利用者はカード会社にお金を払うので、信用がなければ利用できません。
仕事の内容に制約は設けられていませんが、同じ仕事を継続している人ほど、安定した収入があると判断されます。
クレジットカードの審査で評価が高いのは、ポジションが安定している正社員、特に公務員です。
仕事をしていない人、契約社員として働いているような人は、審査ではマイナスになってしまうようです。
本人に収入がなければ、クレジットカードの発行は難しくなりますが、配偶者や親など、同居する家族の収入で契約できるケースもあります。
クレジットカード会社の審査のやり方はそれぞれ違いますので、一度断られたとしても、別の会社に同じ条件で申し込んでうまくいくことがあります。
他の金融会社のクレジットカードやキャッシュカードを持っていて、借入上限金額をオーバーしていることがあります。
そういう時は、ほとんど使っていないクレジットカードを解約したり、貸付上限金額を低くして、新しいクレジットカードができる余地をつくります。
審査では、ローンの利用履歴に問題がないことを確認するために、信用情報会社に信用情報を照会して、延滞などのない人物かを調べます。
もしも、以前に債務整理をしたことがある人や、長期の延滞をしたことがある人は、返済能力に不安があるとして、審査の時点で断られてしまいます。
場合によっては、個人信用情報機関に問題がなく利用している履歴が必要な場合もあり、クレジットカードを利用した事がない人が申し込むと通らない場合もあるようです。

クレジットの審査への対策について

審査でOKがでなければ、新規のクレジットカードをつくってはもらえません。
いくつものクレジットカード会社が存在していますが、審査なしでカードをは発行しているような会社はまずありません。
審査についてある程度の知識を得ておくことで、クレジットカードをの申し込み手続きがやりやすくなります。
クレジットカードの審でどういったことが重要かを何となく理解しておくだけでも、審査をスムーズに進めることができます。
クレジットカード審査では、まず職歴と年収が重視されます。
年収が一定であれば、大抵は問題ありません。
特に最近は収入などの条件が緩和されている傾向にあるので、パートやアルバイトでも借りられるので条件は厳しく無い場合もあります。
ただし、収入以外の点でも、クレジットカードの審査では重視されるポイントがありますので要注意です。
今まで、ローンやキャッシングを利用して、返済を何ヶ月も遅らせたことがあるという人は、評価が低いでしょう。
これまで、キャッシング等を利用した時に、期日までに返済ができなった人は、審査では通りにくくなります。
今まで返済トラブルを起こしたことがない顧客であるかどうかは、金融会社が最も気にするところです。
キャッシング利用歴はある程度の年数がたっている必要があります。
また、現時点で借りてるキャッシングは返済しておくことです。
過去の借入返済に問題がある場合は、お金を借りる時に、そのようなことについても対策を考えておいた方がいいです。

サイトメニュー

クマ

サイトメニュー


Copyright (c) 2018 簡単・便利なクレジットカードのことを知っておこう All rights reserved.