クレジットカード

クレジットカードについての解説ウェブサイトです。クレジットカードについて知らなくても、当HPを活かせば詳しくなることが出来ます。

簡単・便利なクレジットカードのことを知っておこう

HOME

マイレージ提携クレジットカードを活用してマイルを貯める方法

クレジットカード

飛行機会社のマイレージプログラムだけでは、飛行機の利用が頻繁でない限り、多くのマイルポイントを貯めることができません。
マイルがなかなか入らないクレジットカードを持っていても、座席のアップグレードや、航空料金の割引することはできません。
クレジットカードのマイレージプログラムの内容をよく理解して上手に活用しなければ、マイルを貯めるのは難しいものです。
マイルを効率よく貯めるには、クレジットカードを利用して貯まったポイントを移行する方法がおすすめです。
普段の買い物などでクレジットカードを利用することによって付与されるポイントは結構貯まるもので、これを利用していきます。
クレジットカードのポイントをどんどんマイルにすることで、マイルかどんどん増えていきます。
特に航空マイレージと提携されているクレジットカードは、ショッピングで利用した場合にもマイルが貯まるようになっています。
クレジットカードによっては、ポイントからマイルにする手数料が0ポイントだったり、ボーナスが付与されるということもあるようです。
マイルに関する制度は、クレジットカードによって違いますので、ネットで比較して選ぶことをお勧めします。
最もマイルを貯めやすく、特典交換に必要なマイル数が最も少ないのは、JALマイレージバンクかANAマイレージクラブです。
自分のライフスタイルに適したクレジットカードを所有することが、効率良くポイントを貯めるための一番の近道になります。
どんな買い物をするとポイントが貯まるかや、ポイントとマイルの交換レートなどを確認し、スムーズにマイルの貯まりそうなものを探すことです。

クレジットカードで貯めたマイルの有効期限をチェック

クレジットカード

多種多様にあるクレジットカードの中から、どの会社のどのカードを選ぶかは、人それぞれです。
同じクレジットカードを持つのであれば、自分の生活に役立つ特典があるものを選ぶようにしたいものです。
海外旅行保険がついたカードや、ポイントが貯まるカード、維持費のかからないカードなど、クレジットカードのサービスは様々です。
どんなクレジットカードを使いたいと思っているかは人によって違うため、選択肢も色々とあります。
旅行が好きな人の多くは、飛行機のチケットをクレジットカードで購入した際にマイルが貯まる制度のあるカードを選ぶ人が多いようです。
マイルをためることができる航空会社は、JALとANAがよく知られています。
ANAとJALのどちらのマイルを貯めるかは、これも人によって違いますが、どちらにしてもせっかく貯めたマイルを無駄にしないためにも、有効期限をチェックすることをお勧めします。
ANAとJALも両方とも、貯まったマイルの有効期限は3年間になっていますので、忘れないようにしましょう。
特典航空券をに変えるという方法もありますので、マイルの期限切れが近そうなら考慮に入れてください。
マイルを使って特典航空券を入手しておけば、後で必要になった時に搭乗日や、搭乗時間が指定できます。
貯まったマイルを使って引き換えた特典航空券は、ANAとJALも両社とも国内線では90日間、国際線では1年間内の利用となっています。
せっかくたまったクレジットカードのマイルがなくなってしまうことがないように、有効期限をきちんと確認した上で、期限が切れそうな場合は何らかの使い道を探していきましょう。

クレジットカードで貯めたマイルの使い方

クレジットカードの種類や特典の内容によっては、買い物などでクレジットを利用するとマイルがたくさん貯まる場合があります。
提携先が航空会社であるクレジットカードは、マイルが効率的に入る仕組みになっていますが、貯まったマイルはどう消費するとお得なのでしょう。
マイルの貯まったクレジットカードの使い道で、代表的なものはどういったものでしょをうか。
マイルを何に使えば、一番お得になるのは、クレジットカードを所有している人によって随分と変わってきます。
特典航空券をマイルから変えておくことがてきますので、飛行機を使うことが多い人は、マイルを特典航空券にするといいでしょう。
航空券に交換する方法の他にも、ポイント交換や商品や電子マネーとの交換もできます。
貯まったマイルを交換するための申込み方法は、とても簡単になっており、クレジットカード会社のホームページから簡単に申請ができます。
マイレージプログラムと提携しているANAやJALのお店であれば、クレジットカードでためたポイントを利用して割引手続きをしてもらうこともできて、非常にお得な買い物ができます。
楽天、iTunes、TSUTAYA等の各店舗にANAのクレジットカードは提携していますので、買い物の時には便利に使うことができます。
JALのマイレージプログラムを提携しているのは、ローソンやJRのほかにもドコモなどがあります。
これまでは、特に意識せずに利用してきたサービスでも、調べていくうちにお得な使い方ができるショップが見つかったりもするものです。
このようにお得にマイルを使えますので、同じ利用するなら積極的にクレジットカードのポイントを貯めていきましょう。

マイルが付与されるクレジットカードの選び方

クレジットカードの付帯サービスの内容はカード会社によって色々ですが、特に人気があるものがマイルが貯まるカードです。
提携店でのショッピングなら、その場でお金を支払わなくても、クレジットカードを提示するだけで支払い手続きができます。
クレジットカードで決済をすると、加盟店への支払いはカード会社から行われ、カードの利用者は後日カード会社に支払いをするというものです。
各クレジットカード会社は、自社のカードにお得なサービスを付帯していますので、割り引きや、マイルがたまるなどのサービスもあります。
やはりクレジットカードで魅力的な特典としては、マイルや使用によるポイントなどによる還元です。
クレジットカードを選ぶ時には、マイルやポイントが何をするとたまって、何に使えるかを重視すべきです。
ポイントとは、各カード会社がオリジナルで定めているものが多く、ポイントのつき方はカード利用額の1%程度です。
マイルポイントの場合は、クレジットカードを使った時に、カード会社のポイントではなくマイルが入ります。
最近では、クレジットカード会社の独自ポイントではなく、他のポイントが入るタイプのポイントサービスもふえています。
使いやすいクレジットカードを選ぶためには、日頃利用頻度が多いショップの買い物に、ポイントが加算されるというタイプの商品がおすすめといえます。
フライトだけでなく、普段の買い物をした時でもマイルポイントが付与されるので、利用機会の多いクレジットカードを選ぶことが大切です。
普段から、クレジットカードで買い物をしてこつこつとマイルを増やしていれば、飛行機に乗る時にとてもお得になるでしょう。

飛行機に乗らなくてもマイルが貯まるクレジットカード

クレジットカードには、マイルが貯まるタイプのものがあります。
マイルというのは、マイレージという航空会社が行っているポイントプログラムの事をいいます。
そのポイント制度の単位もまたマイルと呼ばれています。
クレジットカードのポイントというと、通常は1ポイント、2ポイントというものをマイルの場合は、1マイル、2マイルと呼びます。
このマイルですが、航空会社の制度ですので、飛行機に乗ることで貯まっていきます。
その他にも、提携クレジットカードを利用することによってもたまる場合があるのです。
マイルを貯めると国内線や国際線の飛行機の往復チケットなどを特典として無料でもらう事ができたりします。
貯まったマイル数に応じたプレゼントがもらえたり、商品券がもらえたりするので、クレジットカードを利用してマイルを集めている人も多いわけです。
仕事やプライベートで旅行が多い人ならば、マイルも貯まりやすいでしょう。
そんなに旅行や出張などをしなかったり、飛行機を利用することが少ないような人はマイルが貯まりませんので、提携クレジットカードのあるものを選んだ方が得になります。
クレジットカードと提携しているものは、支払いの際にクレジットカードを利用する度にポイントにあわせたマイル数を貯める事ができます。
クレジットカードを使ったぶんだけマイルが貯まっていくことになります。
飛行機に乗らなくても、クレジットカードの使用でマイルを貯める事ができるのです。

クレジットカードでのマイルの溜め方

マイルを貯めるには飛行機に乗る事が一番貯めやすいのですがクレジットカードで貯めることもできます。
飛行機に乗る機会が少ない人の場合、クレジットカードでマイルを貯める方法があるのです。
ただし、その航空会社のマイル制度が、提携するクレジットカードを持っている場合に限られます。
クレジットカードを使う事でもマイルが貯まるかどうか、確認する必要があります。
マイルをためる方法の中にクレジットカードがあるマイル制度の場合、普段の買い物などでクレジットカードを使えばいいのです。
携帯電話料金、レストラン、服などの装飾品、美容院、ガソリンスタンド、その他光熱費などの公共料金などをクレジットカード払いにすれば、かなりのマイル数を貯める事ができます。
もしかすると、クレジットカードで全てのものを払うと言う事にちょっと抵抗がある人もいるかもしれません。
マイルを貯める為に敢えてクレジットカード払いにするという人も少なくないようです。
クレジットカードを賢く利用すれば、たくさんマイルを貯めることができるようになります。
仮に一ヶ月に8〜9万円ほどクレジットカード払いにしたとすると、だいたい800マイルほどが貯まります。
1年間貯めると、9600マイル、15ヶ月続けると12000マイルになって、国内の往復航空チケットが無料でもらえることになります。
航空会社毎にプログラムの内容が違いますので、何マイル貯めると何がもらえるかは違ってきます。
クレジットカードを使う際、いくらで何マイルもらえるのかを確認しておきましょう。

マイルが貯まるクレジットカードの選び方

クレジットカードを使ってマイルも貯めることができるタイプのクレジットカードも、いろいろとあります。
選び方について説明しましょう。
クレジットカードを選ぶ時に大切な事は、ボーナスマイルがつくかどうかです。
マイルがもらえるクレジットカードを作ると、ボーナスマイルと呼ばれるマイルが付いてきます。
飛行機の初搭乗時に特別に加算されるマイルや、フライト毎に加算ポイントなど付加されるマイルのことです。
どんなクレジットカードを選んでもボーナスマイルが付くわけではありませんから、有利なボーナスマイルが付いてくるようなクレジットカードを選ぶべきです。
マイル数の割合というのも大切なチェックポイントです。
A社のクレジットカードは100円使うごとに1マイルなのに、B社のクレジットカードは2マイル付くケースもあります。
100円につき2マイル付くからとB社が良いとは、簡単には言えませす。
クレジットカードを選ぶ際には、マイルの還元率も大事ですが、マイルを獲得できる場面が多いのか少ないかについてもきっちりとチェックしておきましょう。
通勤に電車を利用する人の場合、電車の定期代をクレジットカードで支払う事ができると、マイルも貯めやすいのでおすすめです。
電車通勤でない人であっても、ガソリン代をマイル還元できるクレジットカードで支払うようにすれば、月々そこそこのマイルが入ることになります。
自分の生活を考慮してマイルが貯まりやすいクレジットカードを選ぶようにしましょう。

クレジットカードを使ったマイルポイントの活用

マイルポイントサービスのように、クレジットカードの利用額が多いほど、活用の幅が広がるサービスがあります。
クレジットカードは、買い物などの支払いを決済する時に便利な仕組みであり、多くの人が持っているものです。
クレジットカードで決済した金額は、毎月一回、引き落とし用の口座から支払われるという形になっています。
まとまった買い物をした時は、分割で支払うように設定するなどで、支払いの負担が所有資産を圧迫しないようにもできます。
手持ちのキャッシュがない時でも、クレジットカードがあれば買い物ができてしても助かりますが、その他にも、マイルポイントのサービスもあります。
マイルポイントは、クレジットカードを使って支払った金額に対して加算される、ポイントサービスのことです。
マイルポイントを貯めることで、格安で飛行機のチケットが買えたり、指定のお店で買い物ができることもあります。
家電量販店や百貨店などと提携しているクレジットカードを契約をすれば、利用額に応じてポイントが貯まるサービスもあります。
普段からよく行くお店のクレジットカードを使うことで、スムーズにポイントを集めることができるようになるという仕組みです。
クレジットカードを使うことでポイントをため、ある程度ポイントがたまったら、商品と交換したり、割引に使うことができます。
現金代わりにクレジットカードで買い物ができるだけでなく、たまったポイントを使えば、様々なお得なサービスを活用することができます。
クレジットカードを上手に使うには、ショッピングに使うことだけでなく、マイルポイントなどのポイント付与サービスを使いこなしやすいカードにするのもいい方法です。

マイルポイントの貯まるクレジットカードの比較の仕方

マイレージプログラムとは、航空チケットを購入したり、指定店舗で買い物をした時に、マイルポイントが貯まる仕組みです。
マイルポイントは、電子マネー、商品券、国内線や、国際線の航空券に変えることが可能です。
クレジットカードの中にも、カード決済をした額に応じてマイルをためられるものがあります。
マイルポイントの還元率が高い飛行機の便や、座席の位置などもありますので、クレジットカードを活用する人は多くなっています。
色々なクレジットカードを調べてみて、マイルポイントの還元率が高いものを選ぶといいでしょう。
けれども、クレジットカードの還元率が高いからといって、万人にとってお得なカードと言い切ることはできません。
マイルポイントをためるためには、還元率が高いクレジットカードよりも、消費スタイルに合うカードのほうがいい場合もあります。
クレジットカードを選ぶ時には還元率も重要な要素なりますが、個人個人によって異なるクレジットカードの使い方も考慮にいれるべきでしょう。
クレジットカードの使い方を想定しつつ、どのカード会社のクレジットカードにするかを決めます。
インターネットの口コミサイトや、比較サイトには、各クレジットカード会社のカードを使ってみた感想が投稿されていて、参考になります。
還元率が高いクレジットカードはお得ですが、そのほかにも旅行保険が付帯されているカードや、年会費のかからないカードなど色々なものがあります。
例えば、飛行機に乗る機会が多く、日本と海外を頻繁に行き来しているという人は、海外旅行保険のついたクレジットカードにするとお得です。

サイトメニュー

クマ

サイトメニュー


Copyright (c) 2018 簡単・便利なクレジットカードのことを知っておこう All rights reserved.