クレジットカード

クレジットカードに関心があり、クレジットカードのことをさらに学びたいと思っている人や、何からすればいいのか悩んでいる方にイチオシの知識を配信します。

簡単・便利なクレジットカードのことを知っておこう

HOME

クレジットカードのキャッシング機能とは

クレジットカード

クレジットカードを持つことは、この頃は珍しくなくなっています。
キャッシングカードとして使えるクレジットカードも増えてきました。
クレジットカードで決済をする場合、現金を支払わずにクレジットカード会社が一時的に支払いを代行するという形になります。
クレジットカードの特典は様々なものがあります。
利用額によってポイントが貯まったり、海外旅行傷害保険がついているものもあります。
サービスのひとつが、キャッシング機能です。
クレジットカードのキャッシング機能とはなんでしょうか。
クレジットカード会社がカードの保有者に対して、それぞれが設定した枠内でお金を貸し付けるサービスです。
キャッシング枠はあらかじめ決まっており、その金額内であれば現金を融資するというものです。
借りたお金を返済する時には、貸付条件の中で決められている金利に基づく利息を加算して払わなければなりません。
クレジットカードにキャッシング機能がついているからと、何度も繰り返し利用するのはやめましょう。
たとえ毎回きちんと返済していても、他のカード会社でクレジットカードを作るときの審査に影響することがあります。
安易な利用は注意したほうが良いでしょう。
クレジットカードのキャッシング限度額は、ショッピング枠よりも低く設定されているということも覚えておきましょう。

クレジットカードのキャッシング枠について

クレジットカード

クレジットカードはキャッシングにも利用でき、多くの人が1枚は持っているようです。
キャッシング枠やカードローン枠が設定されているクレジットカードは今や珍しくありません。
キャッシングカードとしては使う気がないという人もいるようです。
クレジットカードのキャッシング機能を最初から使うつもりはないという人は、キャッシングの上限金額を0円なしておくという方法もあります。
どのようにクレジットカードのキャッシング枠をはずせば良いのでしょうか。
ネットで申し込むのは無理ですが、申込書でクレジットカードを作る場合には、その旨を記載しましょう。
ほとんどのクレジットカード会社でキャッシング枠がゼロのカードを発行してくれるでしょう。
もしもクレジットカードを窓口で発行してもらう時は、キャッシング枠を外して欲しいことを言いましょう。
書類を郵送する必要がある時は、メモをつけるという方法があります。
現在所有しているクレジットカードのキャッシング機能を外したいという時は、カード会社に電話をして手続きをしてもらいます。
キャッシング枠をゼロにしておくことで、万が一カードを紛失してしまったときも安心です。
次にクレジットカードを作るときにも審査に通りやすくなります。
クレジットカードのキャッシング枠が必要無いという人は、是非その枠をゼロにすることを検討してみましょう。

クレジットカードでキャッシングするメリット

いつの間にかとても身近な存在になったクレジットカード。
近頃のクレジットカードは、キャッシング枠がついている物が多いようです。
クレジットカードをキャッシング利用することの利点は、果たしてどのようなものでしょう。
海外に旅行する時には、クレジットカードを利用してみやげものを買ったり、ホテルのチェックインをする人が増えています。
海外で現金が足りなくなったときは、日本でATMを使うように気軽に現金を引き出すことは難しいようです。
便利なのが、海外でのキャッシングです。
海外では現地通貨でキャッシングを行えば、外貨両替手数料がかかりません。
キャッシングの返済が遅くなっても、多少の利息はつくものの返済時点でのレートになります。
円高の現在、旅行先の通貨が借りられるのは歓迎すべきことです。
国際クレジットカードにキャッシング機能がついているため、旅行先でも安心して融資を受けることができます。
海外旅行に行くなら、クレジットカードがあると非常に重宝します。
引き出す手数料も日本でのコンビニATMや銀行ATMの時間外手数料と変わらないで引き出しやすいようです。
キャッシングできるのが、現地の通過なので両替の手間も省けてとても便利です。
海外ではクレジットカードのキャッシング機能を上手に利用すると良いでしょう。

クレジットカードの決め手は還元率の高さ

手持ちの現金が何もなくても、クレジットカードを持っていれば、買い物をすることが可能です。
多くの人がクレジットカードを所有しており、中には複数枚のクレジットカードを持っている人もいます。
少し前まで、クレジットカードは高級な飲食店での支払いや、宝飾品の決済などに使われていました。
しかし、近年では、日用品の買い物や、コンビニでのショッピングでも、クレジットカードが使われています。
多くの人がクレジットカードを使うようになって、買い物に小銭を数える必要がなくなり、現金を持ち歩かずともよくなったことは大きな利点です。
クレジットカードは、利用金額に応じたポイントを貯めておくことで、お得なサービスが利用できます。
クレジットカードのポイント還元率はカードによって様々ですが、カード利用額の0.5%くらいであることが多いようです。
クレジットカードの還元率は一部のカードでは1〜2%という高いものもあり、注目を集めています。
ポイントの付き方が大きかったり、お得なサービスにポイントが交換できるクレジットカードの場合、年会費を毎年徴収してくることもあります。
年会費が必要なクレジットカードの中には、利用額に応じて年会費が無料になるものもあります。
クレジットカードをよく使う人は、年会費分の負担があっても、ポイントカードを積極的に使うカードの使い方をしていたほうがいいでしょう。
自分が1年でクレジットカードを使う金額はどのくらいの金額なのかで、年会費を支払ったほうがお得かどうかがわかります。

クレジットカードの還元率は比較すべき重要なポイント

クレジットカードは現金の持ち合わせが無くてもショッピングが出来る大変便利なものです。
ショッピングの利便性だけでなく、クレジットカードに付いているポイント還元のサービスは、見逃せない重要なポイントです。
近年、クレジットカードが利用できる範囲は広がる傾向にあります。
日用品やコンビニでの買い物、光熱費などでもカード決済が可能です。
自治体によっては、クレジットカードでの税金払いもできるようになっていますので、調べてみるといいかもしれません。
ポイント付与サービスがついたクレジットカードも多く、たくさんの人が積極的に使っています。
クレジットカードのポイントがどのくらいのたまるかはカード会社によりますが、還元率が1%を越えるお得なカードもあります。
高い還元率になるほど、非常にお得になりますが、1.5%以上のクレジットカードでは、年会費が必要になるケースが多いようです。
還元率が1%で年会費が無料のクレジットカードもあれば、1.5%で1500円の年会費が必要になるものもあります。
1年間に、30万円以上のクレジットカード決済をしなければ、15,000円の年会費を、1.5%の還元率で取り戻すことはできません。
1年間でクレジットカードを使った買い物をどのくらいするのか、光熱費や通信費、家賃などを含めてチェックしてみてください。
年会費分を取り戻すためには、1年で30万円以上クレジットカードで支払いをすればいいのですが、それができるかを確認しましょう。
クレジットカードには利用上限が設定されていますので、その範囲で使った時に還元率分のポイントが幾らになるかを試算しましょう。

クレジットカードのポイントによる還元率について

クレジットカードは利用金額に応じたポイントのバックがあるものが大半となっています。
ポイント特典サービスがついている場合、クレジットカードのポイント付与率は0.5%程度です。
5万円の決済をクレジットカードで行えば、還元率0.5%で考えると250円のポイントがもらえるわけです。
クレジットカードをよく使う人にしてみれば、少しでも高い還元率のクレジットカードを使いたいと思うものです。
ポイントの還元率が1%より多いクレジットカードも登場していて、たくさんの人が使っているようです。
還元率0.5%と、還元率1%以上との差は大きいですから、注目する人がたくさんいることもわかります。
利用金額が多ければ多いほど、高い還元率のカードを選択することで非常にお得になります。
クレジットカードを選ぶ時は、ポイント還元率が高いカードにしたほうがポイントの貯まり具合がよいですから、重視したいものです。
その年にクレジットカードを使って買い物をした額の合計が100万円あれば、還元率1.5%なら15000円もポイントがもらえます。
還元率の高くないクレジットカードと比較すると、ポイントの入り方が全く違うことがわかるでしょう。
ポイント付与サービスを行っているクレジットカードかを調べる時には、還元率も合わせてチェックしておきましょう。
クレジットカードの利用条件は様々な要素がありますが、その中でもポイント還元率が何%なのかは、カード選びの鍵を握ります。

お金を借りる時にはローンの比較サイトで調べてから申し込む

消費者金融会社や、銀行など、色々な金融会社がカードローンの申し込みができます。
カードローンは、担保や保証人が不要であるため、その手軽さから多くの人が利用しています。
どのローンを利用するかによって、金利やサービス内容も異なるため、何でも良いというわけには行きません。
新規のカードローン手続きを行う時には、自分の返済希望スタイルに沿ったものを選ぶようにしてください。
金融会社によって、金利や、返済方法などが異なっていますので、各社の条件を見比べていいものを選びましょう。
ネット上には、ローンの比較検討サイトもありますので、各社を比べてみるといいかもしれません。
ネットの比較サイトでは、金融会社ごとの金利が載っていますので、どの金融会社を利用するとお得かもわかります。
比較するポイントの中でも、ローンの金利は見逃せない項目であり、お金を借りるうえで大切な事です。
お金を借りれば、金利に応じた利子を支払わなければいけないので、できる限り金利の低いカードローンを選んだ方が返済が楽です。
ネットの比較サイトには、返済手段や、申し込みのやり方についても詳しく記載がされていますので、返済のことも考えて金融会社を選ぶようにしましょう。
どの金融会社に申し込みをするかを決定したならば、カードローンの申し込みを行います。
もしもカードローンを使うことにしたら、まずは比較サイトで最も自分が求める内容に近い会社を探してください。

サイトメニュー

クマ

サイトメニュー


Copyright (c) 2018 簡単・便利なクレジットカードのことを知っておこう All rights reserved.